FC2ブログ

プロフィール

バリ子

Author:バリ子

トラベル・ライター&撮影コーディネーター。バリ島を中心に、シンガポールやマレーシア、台湾などで活動しています。

修行中のカメラ片手に、伝統行事や昔ながらの美しい自然の残る村々を訪れたり、現地の人々と触れ合ったりと、あちこち飛び回っています。

ハーブや薬草にも興味あり。特にインドネシアの民間療法を少しずつお勉強している今日この頃です。

パサール・クブン・サユール


「カリマンタンと言えば石!(と木)」くらいしか出発前は知らなかったので、やっぱり石や工芸品を見てみたい!と市場に連れて行ってもらいました。

13001.jpg
「パサール・クブン・サユール」(Pasar Inpres Kebun Sayur)

13002.jpg
広い市場の中の工芸品エリアへ。

13003.jpg
カリマンタンのモチーフで織られた布。

13004.jpg
こういうビーズのモチーフを見ても、独特の文化を感じますね。

13005.jpg
石はこんな感じのものばかりで、ちょっと思ってたのと違うかな・・・。

13006.jpg
市場の一角に、大繁盛のワルンが。

13007.jpg
なんと大きなエビーーー!

13008.jpg
魚もごろんと豪快に焼いていて、いい匂いが~。

13009.jpg
誘惑に負けて、思わずオーダー。

13010.jpg
旅先ではやっぱりローカル食が食べたくなります!

久しぶりの未踏の地への旅行で出発前はドキドキだったけど、思った以上に充実した楽しい旅で大満足でした♪広い広いインドネシア、まだまだ行ったことがない場所はいっぱい、行ってみたい場所もい~っぱい!また機会があれば、新しい場所にチャレンジしてみたいです。

スポンサーサイト



大東亜戦争慰霊碑


初カリマンタンということもあって、帰りの空港送迎の際に市場に寄ってほしいとリクエストしてあったのですが、地図を見ると「大東亜戦争の慰霊碑」があると書いてあったので、こちらにも寄ってもらいました。

12901.jpg
幹線道路沿いには日本語の看板が。

12902.jpg
こんなヤシの木々の中の道を進んで行きます。

12903.jpg
突当たりは海、ラマル・ビーチ。

12904.jpg
ビーチをテクテク歩いて行くと、慰霊碑がある敷地が見えてきました。

12905.jpg
朱色の鳥居が南国の地にあって、日本の空気を漂わせています。

12906.jpg
辺り一面静かな中に、南国の花々がキレイに咲き誇っています。

12907.jpg
一番奥には「慰霊碑」と書かれた石碑が。

12908.jpg
再び日本の地を踏むことなく、遥か遠い異国の地でお亡くなりになられた方々に、そっと掌を合わせてきました。

スガイ・ヒタムのテングザル


スタッフが「アウティングのプログラムもいろいろあるよ」とサンボジャ・レスタリ周辺へのツアーを紹介してくれて、スンガイ・ヒタムにテングザルを見に行くツアーに参加してみました。

SUNGAI HITAM (BLACK RIVER) 2-3 HOUR TOUR
1名:60ドル、2名:65ドル、3名以上で1名25ドル

12701.jpg
テングザルはこの辺では「モニェッ・ブランダ(オランダ猿)」と呼ばれているそう。

12702.jpg
早朝ロッジを出発して約30分、スンガイ・ヒタムに到着!

12703.jpg
朝早いのでまだ涼しい中、ボートに乗り込みます。

12704.jpg
まるでチョコレートみたいな川の色!

12705.jpg
これもマングローブの一種だそうです。バリで見るものとは異なります。

12706.jpg
ボートを操縦しながらテングザルを探してくれるおじさん。

12707.jpg
いたいた~!!枝に腰掛けてるテングザルがいっぱい!

12708.jpg
横から見ると、立派な鼻がよく分かります。
それにしても、座り方がちょっと疲れてる雰囲気?

12709.jpg
隣の木に飛び移ったり、毛づくろいをしあったり。肉眼ではハッキリ見えるけど、
写真じゃ小さくてよくわからないのが残念!

12710.jpg
ごはんを食べながら、う○こを川に落とす(!)そうで、木には近づきません。

12711.jpg
テングザルに興奮した後は、水上住宅の集落へ。

12712.jpg
漁師さんが住むエリアで、家の前には船がズラーッと並んでいます。

12713.jpg
あまり旅行者はやって来ないのか、みんなにこやかにほほ笑んでくれます。

このスンガイ・ヒタムのツアー以外のアウティング・プログラムは下記。
  ↓
BUKIT BANGKIRAI (CANOPY HIGH WALK) HALF DAY TOUR
1名:70ドル、2名:75ドル、3名以上で1名30ドル

サンボジャ・レスタリから車で1時間の場所にあるブキット・バンキライの森林公園で森林のショート・ウォークや30メートルの高さにあるキャノピーに登り、マカク、テナガザル、サイチョウなどの野生動物を眺めることができます。

PAMPANG (DAYAK CULTURE CENTRE)
1名:100ドル、2名:110ドル、3名以上で1名45ドル

片道2~3時間、サマリンダのダヤック・カルチャー・センター「パンパン」を訪れます。日曜日にはダヤック伝統舞踊が伝統家屋「ラミン(Lamin)」で行われます。ダヤックの伝統工芸や耳の長い女性など、ダヤック独特の文化に触れることができます。

SUNGAI WAIN (WAIN RIVER) FULL DAY TOUR
1名:100ドル、2名:110ドル、3名以上で1名45ドル

1時間とかからない場所にある「ワイン川」はBOSが最初にリハビリ後のオランウータン80頭をリリースした森林エリアがあります。オランウータンは野生に戻り、ここを訪れても必ず彼らに会うことができるとは約束できませんが、興味深い野生生物を見ることができるでしょう。