FC2ブログ

プロフィール

バリ子

Author:バリ子

トラベル・ライター&撮影コーディネーター。バリ島を中心に、シンガポールやマレーシア、台湾などで活動しています。

修行中のカメラ片手に、伝統行事や昔ながらの美しい自然の残る村々を訪れたり、現地の人々と触れ合ったりと、あちこち飛び回っています。

ハーブや薬草にも興味あり。特にインドネシアの民間療法を少しずつお勉強している今日この頃です。

ウサバ・ドドール


カランガッセムの一部のエリアでは、ドドールと呼ばれる餅菓子をお供えする「ウサバ・ドドール」という儀式があります。この日はカランガッセムの3つの寺院でウサバ・ドドールが行われていました。

53501.jpg
お供え物を寺院に運び、まずはスンバヤンをする村の人々。

53502.jpg
これがドドール。形は他にもいろいろあります。

53503.jpg
こちらの村ではドドールを大きな籠に埋め込み、それをお花でキレイにデコレーションして奉納します。

53504.jpg
色とりどりのお花の飾りつけが美しい!

53505.jpg
雨が降って来ましたー。ドドールとお花の上にもしとしとと降り注ぎます。

53506.jpg
マンクのおじいちゃんたちとおしゃべりしながら雨宿り。

儀式が始まる頃になると、雨は次第に小ぶりに。やっぱり不思議バリだ~。

スポンサーサイト



ウサバ・ダレム、再び


約半年に一度、お寺は変わるものの、村の全世帯がバビ・グリンを一頭ずつ奉納するティンブラー村。その迫力たるや、何度見ても驚きを隠すことができないくらいのインパクト。

53401.jpg
村ではタジェンが。

53402.jpg
そして、ポツポツとバビ・グリンを運んでくる村人たちが。

53403.jpg
4頭のバビ・グリンは、お腹を出して軽トラでお寺までやって来ました。

53404.jpg
どんどんジェロアンに運び込まれるバビ・グリンちゃんたち。

53405.jpg
こんがり~。

53406.jpg
そろそろバビ・グリンの海に見え始めてきましたよ。

53407.jpg
重くて台から落ちそうなバビさん。

53408.jpg
儀式が始まりました。

53409.jpg
今回もジェロアンのお坊さんたちと一緒にお祈りをさせていただきました。

53410.jpg
最後にお坊さんたち全員にトゥアックが配られ、それを地に撒いて終了。

カランガッセムには独特の儀式がたくさんありますが、その中でも特にインパクトの大きいウサバ・ダレム。この後は1週間くらいバビを食べ続けることになるそうです。それも大変・・・。

里山のかわいいお宿 ~ダルマダ~


田んぼ好きなお姉様のために、田舎での一泊はお気に入りのシデメンのダルマダへ。建築中から何度も足を運び、出来上がるのを楽しみにしていたこのお宿。オープンしてからは3度目のお泊り♪

51201.jpg
相変わらずかわいいお部屋♪

51202.jpg
シデメンの我が家と呼んでますw そのくらい落ち着くし、気に入ってます!

51203.jpg
少しこなかった間に、色々な変化もありました。まずは自家菜園ができていた~!

51204.jpg
畑の前にはブランコも!

51205.jpg
相変わらず川からの心地よい風が吹き抜けるステキなレストラン。

51206.jpg
夜はインドネシア料理をいろいろとチョイス。

51207.jpg
朝はナシ・ゴレン。

なんかごはんの写真ばっかりだけど、食べる以外は、のんびりとシデメンの清々しい空気と自然を楽しみながらリラックスしていた・・・としか言えないw 夜はポツポツとテラスにホタルがやってきてくれ、天然のエアコンで心地よく眠りにつき、鳥の鳴き声と川のせせらぎの音で目を覚ます・・・なんて贅沢な時間を過ごしました。なんとも幸せなシデメンでの1泊でした。