FC2ブログ

プロフィール

バリ子

Author:バリ子

トラベル・ライター&撮影コーディネーター。バリ島を中心に、シンガポールやマレーシア、台湾などで活動しています。

修行中のカメラ片手に、伝統行事や昔ながらの美しい自然の残る村々を訪れたり、現地の人々と触れ合ったりと、あちこち飛び回っています。

ハーブや薬草にも興味あり。特にインドネシアの民間療法を少しずつお勉強している今日この頃です。

ローラの初シンガポール 夜景編


短いバリ滞在中にシンガポールに行くなら、日帰りでサクッと雰囲気だけ味わってもいいかな・・・と思っていた姉の思惑とは裏腹に、「夜のマーライオン見たい!」、「クルーズ行きたい!」、「シンガポール・フライヤーに乗りたい!」というローラの希望で、1泊にすることにしたのです。旅の大きな目的である夜景巡りも、ガッツリと楽しんできました~!

33601.jpg
少し早い時間にマーライオン・パークへ。そうすると、空にまだ青さが残っていて、こんなにステキでした!

33602.jpg
「Light Art Festival」開催中で、マー様がこんなことになってました!誰でも自由に色遊び出来たと後で分かり、残念。やりたかったなぁ~。

33603.jpg
そしてマーライオン・パークからクラーク・キーまでローラ希望のクルーズへ。

33604.jpg
船に乗ったら、MBSのレーザー・ショーがスタート。しまった!もう少し公園にいるべきだった・・・。

33605.jpg
しかし、船はゆっくりとクラーク・キーに向かって進みます。久しぶりだけど、夜の静かなビルたちの雰囲気と心地よい風にしばし酔いしれます。

33606.jpg
そして、どうしても行きたいという「シンガポール・フライヤー」へ。

33607.jpg
中はこんな風に、夜景がバッチリ見えます。ゆっくりゆっくりと頂上へ向かいます。

33608.jpg
頂上付近。これからシティ・ビューを遮るものなく楽しめます。

33609.jpg
後半半分は、この景色を眺めながら下りて行きます。ウットリ~!

33610.jpg
所変わって、MBSのスカイ・パーク。昼とうって変わってとってもムーディ。

33611.jpg
シティ・ビューは宝石箱みたいに輝いてます。

33612.jpg
プールから見える夜の街。

と、夜になっても夜景巡りでホテルにいる時間はかなり短かかったものの、丸1日シンガポールをた~っぷりと満喫できました!初の姉妹海外旅行、これにて終了~。次はジョニーや友人みんながソウルに大集合!今から楽しみです。

スポンサーサイト



ローラの初シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ編


「ホテルは絶対ここにする~!」と言って、それ以外は全く考えていないローラに押し切られ、泊まっちゃいました「マリーナ・ベイ・サンズ」。

33501.jpg
「バスタブあった方がいい」とか、「シティービュー!」とかで、プレミア・シティ・ビューに決定。お部屋は広々。そして窓の外にはマーライオンが!

33502.jpg
バスルームもゆったりとした広さでバリア・フリーになっています。

33503.jpg
これが窓からの景色。

33504.jpg
ローラがマリーナ・ベイ・サンズに泊まりたかったのは、もちろん某テレビCMを観てのこと。そんなワケで、ホテルで一番楽しみにしていたのは、屋上プール・エリアの「マリーナ・ベイ・サンズ・スカイパーク」。着いた途端に「ロコモーション」を口ずさんでいらっしゃいました。

33505.jpg
地上200mからの眺め!フェンスが少し先に設置してあり真下は見えないから、客室の窓際ほどの恐怖感はなく、気持ち良く景色を楽しめます。

33506.jpg
カーブした先、一番奥がアウトサイド・ゲストが入れる部分です。

33507.jpg
普段プール・サイドにはヤシの木とバレがお決まりの世界からこんな大都会のプールへ来たものだから、とっても新鮮!

33508.jpg
眼下にはマーライオンパークや高層ビルが。

33509.jpg
ス○ップがあるいたガーデン・エリア。うんうん、確かにテレビで観たのここだね~。

33510.jpg
マーライオン・パークと反対側はこんな風に。どんどん開発が進んでいますね。13年前初めてのシンガポールでマーライオン・パークに来た時は、何もなかったのに。

せっかくマーライオン・ビューのお部屋なので、広々快適にのんびり・・・なんて姉の思いは無残にも切り捨てられ、初シンガポールのローラの行きたいところづくしで、あんまりゆっくりできなかった(涙)それでもホテルにいる間は、やっぱり気持ち良く過ごせました。つかの間のステキな思い出です。

ローラの初シンガポール 街歩き編


ローラ5回目のバリ島にして、今回はとーっても忙しい滞在に。というのも、日本ではどうやらシンガポール・ブームが起きているらしく、ミーハー・ローラは「シンガポール行きたい!絶対行きたい!!」と言ってきかないのです。いやだいやだ言っていた姉も、最後にはいつも妹に負けるワケですが、今回ももちろん妹の望みを叶えるるべく、バリ滞在の中2日でシンガポールへ行ってきました。

33401.jpg
空港からMRTでアラブ・ストリートへ。ブギス駅からモスクを目指して歩いて行くと、どんどんアラビア~ンな雰囲気が漂ってきます。毎回トライしたい!と思っているコワモテのおじさんたちが集う喫茶店のような食堂?今回も通りすぎただけ。今日は1日行きたい所がたくさんあるので、パッパと進みます。

33402.jpg
そしてサルタン・モスクへ。お土産通りのブッソラー・ストリートはモスクまでの間にお土産屋さんがいっぱい並んで、観光地風情。この通りのショップハウスの外観もかわいらしくて好きだけど、もっとローカルっぽい雰囲気も好きです。

33403.jpg
シンガポールで一番大きなモスクの中へ。ソラットの合間の人気のない静かなモスクの雰囲気には、なぜだかウットリするのに似た心落ち着く穏やかな気持ちになります。

33404.jpg
モスクを出て、ちょっと周辺をフラフラ。かわいいモチーフには思わず目が。タクシーに乗ってからは、車窓からヘキサグラムのこれまたキュートな門扉を発見!歩いていたら写真を撮りたかった・・・。本当はこんな裏道を当てもなくブラブラするのが好きだけど、今回は正味24時間の滞在で、ローラの行きたいところを優先してあげたいので、我慢我慢。

33405.jpg
モスクのお次はヒンドゥー寺院のスリ・マリアマン寺院。こちらもシンガポール観光では外せないでしょう。カラフルな色の洪水を浴びながら寺院に足を踏み入れると、祈りを捧げるヒンドゥー教徒の方々が。異国情緒を感じます。

33406.jpg
同じ通りにはジャマエ・モスクに新加坡佛牙寺龍牙院もあるので、そちらも見学。チャイナ・タウンと言えど、いろいろな宗教の施設が並び、それぞれの民族がそれぞれの信仰を守り、祈りを捧げる様子は、多民族国家ならでは。

33407.jpg
ローラの今回のシンガポール旅行の目的「天天海南鶏飯」が、着いてみたら定休日!みるみるご機嫌斜めになるローラに、お隣のストールのチキン・ライスを食べさせようとする姉(汗)もう一つの目的の「味香園」でマンゴーかき氷を口にして、やっとこさ、若干、腹の虫も収まってきた様子。食後はショッピング・ストリートのオーチャード・ロードへ。そして高島屋でローラの大好物の焼き鳥を食べ、ウィスマ・アトリアの「鼎泰豊」で小籠包まで楽しみ、バリでは味わうことのできないシンガポール・グルメを満喫してもらいました。

33408.jpg
夜はもちろんお決まりの「ヒルマン」へ。ヴィザ・ラン以外でお友達とシンガポールへ来る時には、ほとんどここを予定に入れます。そしてオーダーするメニューも毎回同じものばかり(笑)初めて食べるペーパー・チキンの、ジューシーで秘伝のタレが浸みこんだ柔らか~いチキンにローラも大満足!

33409.jpg
食後はほんのちょっとだけリトル・インディアを歩いて、夜の部・夜景巡りに突入です。