FC2ブログ

プロフィール

バリ子

Author:バリ子

トラベル・ライター&撮影コーディネーター。バリ島を中心に、シンガポールやマレーシア、台湾などで活動しています。

修行中のカメラ片手に、伝統行事や昔ながらの美しい自然の残る村々を訪れたり、現地の人々と触れ合ったりと、あちこち飛び回っています。

ハーブや薬草にも興味あり。特にインドネシアの民間療法を少しずつお勉強している今日この頃です。

わたしたちにできること

この記事はブロとものみ閲覧できます
スポンサーサイト



スピンガン国際空港@バリックパパン


フライト中はグッスリ寝込み、気が付いたらもうバリックパパンに着陸するところ。

11901.jpg
前夜バリは雨だったけど、こんなにいいお天気で、青空と水平線がキレイ!

11902.jpg
ここでも歩いてターミナルへ。

11903.jpg
ターミナルに隣接して「ホテル・サンティカ」もありました。

11904.jpg
中に入ったらすぐに観光案内カウンターが。

11905.jpg
小さいけど、雰囲気のある空港。

11906.jpg
カリマンタン独特のモチーフ。

11907.jpg
タクシー・カウンターはターミナル玄関脇に。

11908.jpg
空港外部

11909.jpg
木の産地だけあって、天井も柱も木材をふんだんに使っています。

11910.jpg
ターミナルを出て右に進んだ奥にATMコーナー。

11911.jpg
こちらは新しい出発ロビー(ライオンはこっちです)

11912.jpg
モダンです。旧ターミナルの方が土地らしさがあって個人的には好きですが。

帰りは時間ギリギリにチェックインしたので、あわてて待合室に駆け込みましたが、お土産なんかも少し売っていました。

ライオン・エアー内で目が釘付け!


インドネシアのドメスティック・キャリアーの中では「ライオン・エアー」が勢いがあります。とはいえ座席ピッチが狭いし、掃除も行き届いていないし、ディレイも頻繁にあるのでこれまではマンダラばっかりだったのですが、マンダラなき今便数があって乗り継ぎも便利なので、今回久々にライオン・エアーを利用してみました。

ライオン・エアーの機内で目が釘付けになったものをちょっとご紹介。

11801.jpg
1. 携帯電話の電源を入れる
2. 救命胴衣の移動と持ちだし
3. 機内設備の損壊

200ジュタ(約200万円)の罰金もしくは2年の実刑。に・にひゃくまん~~~!?
でも、ローカル・パッセンジャーは割と携帯の電源を切らない人がいるんです。

11802.jpg
機内誌を読むのが好きなのですが・・・

11803.jpg
「持ち出し禁止」。しかも全ての座席のポケットに入っているワケではありません。持って帰ったから?

11804.jpg
掲載広告も超ローカル!これバリ子も使ってた~(笑)

11805.jpg
こっちはメヘンディ。

11806.jpg
上からポタポタ茶色い水が落ちてくると言ったら、こんな風に処置。鼻血みたい(笑)

飛行機に乗るのは好きではないけど、いろいろ面白いポイントが満載で退屈しませんでした。