FC2ブログ

プロフィール

バリ子

Author:バリ子

トラベル・ライター&撮影コーディネーター。バリ島を中心に、シンガポールやマレーシア、台湾などで活動しています。

修行中のカメラ片手に、伝統行事や昔ながらの美しい自然の残る村々を訪れたり、現地の人々と触れ合ったりと、あちこち飛び回っています。

ハーブや薬草にも興味あり。特にインドネシアの民間療法を少しずつお勉強している今日この頃です。

クサンバの行列


クサンバで4日間にわたりムペーッドが行われると聞き、パパラッチ隊の叔父&甥ペアと一緒に行ってきました~。

45301.jpg
もうすぐ始まるみたいですね、

45302.jpg
ちびっ子から大人まで、結構な長い行列に。4日間毎日違うバンジャールがムペーッドを行うそうです。

45303.jpg
ちびっ子たちも、楽しそう!「たまにキレイに着飾るのを子供たちも楽しんでるのよ~」とイブ。

45304.jpg
あれまー、なんてかわいらしい!

45305.jpg
女の子はやっぱり艶やかですこと。

45306.jpg
お寺に向かって出発です!

45307.jpg
海の近くのお寺まで。

45308.jpg
みんな素朴で笑顔がいっぱい。

街には街の、田舎には田舎のステキな雰囲気。

スポンサーサイト



クヘン寺院のオダラン


ダランが招待されていたオトナンがかなり遅れて、クヘン寺院のオダランにはスンバヤンにしか行けなかったのですが、今回はバンリ泊。翌日は15時頃からムペーッドと呼ばれるお供え物をお寺に運ぶ行列が始めると聞いたのですが、朝8時頃からクヘン寺院へ出かけて、のんびり中を見て待つことに。

45201.jpg
クヘン寺院のチャンディ・クルン。前夜の夜景もとってもステキでした。

45202.jpg
キレイに飾られた寺院内はまだ人気は少なく、みなさんの邪魔することなくゆっくり見て回れます。

45203.jpg
白いブタラ、珍しいですよね。

45204.jpg
ジェロ・マンクがお髭のお花を新しいものに取り換えています。お祭りが始まる前に行くと、こんな様子も見られるのが好き。

45205.jpg
プチャランのバパッたちが、暇つぶしにいろいろと冗談を言ったり、コーヒーをくれたりと手厚いサービスをw

45206.jpg
ムペーッドの行列がお寺にやって来ました!

45207.jpg
あらら、キレイに一列でお寺に入るのかと思っていたら、大渋滞!キレイな行列が見たければ、道路で見た方がよかったんだな。

45208.jpg
キレイに飾り付けられたお供え物たち。

45209.jpg
そしてルジャンへと続きます。

45210.jpg
さっきまで一緒におしゃべりしていたみんなの晴れ舞台。頑張れ~!

クヘン寺院で行われているオダランは3年に一度の大きなもので、毎日毎晩いろいろな行事や芸能が行われています。

満月のオトナン


バリでは生まれた子供が健やかに成長するようにと、「オトナン」という儀式を行います。210日サイクルのウク暦での誕生日に行われるのですが、大きくなるにつれて儀式を行なう人は少なくなっていくそうです。先日高校生の女の子のオトナンに呼んでいただいたのですが、そのお宅では、お父さんは今でもオトナンをするけど、お母さんはしないとか。

オトナンを見学しながらちょうどそんな話しを聞いていたのですが、クヘン寺院のオダランを見にバンリに行ったら、ダランのおじさんの親戚のお宅でオトナンがあるそうで、そっちに寄ってからお寺へ行くことになりました。この日のオトナンというのは「満月のオトナン」で、満月に生まれた人は、大きくなってから必ずまたオトナンを行わなくてはいけないそうです。また、生まれた曜日によっても用意するバンタンが変わるそうで、それらが書かれた本をダランのバパッに見せてもらったのですが、バンタンのことだけではなく、生まれた曜日毎に守護神や当人の性格、ラッキー・カラーのようなものまで記されていました。

45101.jpg
満月のオトナンのために用意されたバンタン。

45102.jpg
バリの各地から集められた聖水を混ぜたもの。オトナンの主の出生曜日の場合115個必要になるそうで、これでムルカットが行われます。

45103.jpg
15時の予定が、始まったのは19時近く(汗)この日で3度目にお会いするラトゥ・プダンダは相変わらずとっても優しく朗らかで、ステキな方。

45104.jpg
イブイブたちが、「あーしろ、こーしろ」と指示を出す様子が、子供のためのオトナンと同じで思わず笑ってしまいましたw

45105.jpg
そしてカゴを被せられて・・・

45106.jpg
ムルカットの始まりです。15時ならまだしも、夜のバンリはこの時期でも寒いくらい。

45107.jpg
空になった器はどんどん割っていきます。

45108.jpg
お盆に浸み出したお水も、全部そりゃーっ!と豪快に。

無事に儀式が終了し、お供え物のバビ・グリンをポトンしてみんなでおいしくいただきました。