FC2ブログ

プロフィール

バリ子

Author:バリ子

トラベル・ライター&撮影コーディネーター。バリ島を中心に、シンガポールやマレーシア、台湾などで活動しています。

修行中のカメラ片手に、伝統行事や昔ながらの美しい自然の残る村々を訪れたり、現地の人々と触れ合ったりと、あちこち飛び回っています。

ハーブや薬草にも興味あり。特にインドネシアの民間療法を少しずつお勉強している今日この頃です。

オランウータンに会いにカリマンタンへ行こう!


11601.jpg

「赤道を見に行かない?」と誘われたのがキッカケで、カリマンタン旅行の計画を立て始めたのが1月。予備知識が全然なく、木、石、オランウータンくらいしか知らない状態でスタートした初カリマンタンの旅。出発前の計画段階の様子から書き記してみようと思います。

「赤道」と言って思い出すのは、昔ガルーダに乗ると赤道通過後にくれた記念ステッカー。インドネシアはアジアで赤道が通る唯一の国。緯度0度の赤道の街ポンティアナックには、それほど見どころはなく、赤道の記念碑がある以外はカプアス川の周遊ができるくらいで、ジャカルタから日帰りでもツアーがあるようです。それならジャカルタで遊んで、日帰りでポンティアナック・ツアーに行こうという話をしていたら、「せっかくカリマンタンに行くなら、オランウータンも見に行きたい~!どうにかそれも組み込めないものか・・・」とついつい欲が出てしまい、いろいろ情報収集してみました。

参考にしたサイトはこちら
 ↓
【Gigant Tours】
http://www.borneotourgigant.com/

【Borneo Access Adventure】
http://www.borneoaccessadventurer.com/home/

結果的には短い日程ではその3ヶ所を周るには時間が足りないし、ジャングル・ツアーだけでも厳しいことが判明。

ざっと地図を見てみると、カリマンタン全域では7つの国立公園があり、まず最初に目についたのはジャングルの中で野生のオランウータンを見ることのできる「タンジュン・プティン国立公園(Tanjung Puting National Park)」。カリマンタンのパンカランブンから陸路クマイへ向かい(約2時間)、そこからボートで約5時間かけてタンジュン・プティン国立公園に着くというもの。

【Orangutan Foundation International】
http://www.orangutan.org/

【Orangutan.travel】
http://www.orangutan.travel/index.html


もともとジャカルタで2泊して中日に日帰りで赤道へ行ってみようと考えていたので、オランウータンを見に行くにしても同じくらいの時間しか取れません。野生のオランウータンを見てみたい気持ちは山々だけど、タンジュン・プティン国立公園は難しいと思っていたら、友人が調べてくれた情報で、オランウータンのリハビリ・センターのような場所があるとわかりました。敷地内に宿泊施設があり、着いたその日にオランウータンが見れると書いてあったので短い日程でも無理なく周れそうだし、直接ロッジにコンタクトを取っていろいろと質問をしてみました。予想外にコマメなレスポンスと親切な対応にビックリ!

【BOS -The Borneo Orangutan Survival Foundation-】
http://www.orangutan.or.id/home

【Samboja Lodge】
http://www.sambojalodge.com/

【NPO団体 ボルネオ・オランウータン・サバイバル・ファウンデーション・ジャパン】
http://www.bos-japan.jp/
帰ってきてから発見した日本語サイト。

調べた結果、「これならカリマンタン+ジャカルタも行けそう!」と思い「赤道+ジャカルタ」、「オランウータンのみ」もしくは「オランウータン+ジャカルタ」の中から決めることにして、友人にお任せしたことろ、「じゃあ・・・オランウータンだけで!」となり、行ってきましたカリマンタン。

2泊3日で周った場所の写真と、現地で聞かせてもらった話を少しずつアップしたいと思います。

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)