FC2ブログ

プロフィール

バリ子

Author:バリ子

トラベル・ライター&撮影コーディネーター。バリ島を中心に、シンガポールやマレーシア、台湾などで活動しています。

修行中のカメラ片手に、伝統行事や昔ながらの美しい自然の残る村々を訪れたり、現地の人々と触れ合ったりと、あちこち飛び回っています。

ハーブや薬草にも興味あり。特にインドネシアの民間療法を少しずつお勉強している今日この頃です。

チャイナタウンのブティック・ホテル ~The Saff~


またもや仕事とプライベートの抱き合わせで行ってきました、シンガポール。

シンガポールの滞在先で好きなのはチャイナタウン。よく行く場所がMRTで近いということもあるし、やっぱりチャイナタウンはどこの国へ行ってもエネルギッシュで楽しい!

今回選んだホテルは、以前は「ロイヤル・ピーコック・ホテル」という安ホテルだった「The Saff」。ホテルのあるケオン・サイク・ロードは、MRTのチャイナタウン駅とオートラム・パーク駅の中間にあり、メイン・ストリートのパゴダ・ストリートへも近いという好ロケーション。正面には、こちらもブティック・ホテルの「1929」もあり、常々狙ってはいるものの、なかなか人気があるようで、いつも満室。今回は「1929」のポップなモダンさよりも、「The Saff」の毒々しさにそそられました。

久しぶりにケオン・サイク・ロードに足を踏み入れると、周辺の安ホテルもいくつか改築してオシャレな外観になっているのを発見。この辺りのホテルはどんどんブティック・ホテル化しているようです。

16801.jpg
オレンジと白のコンビネーションがポップなようで、趣もあり。

16802.jpg
夜になると、アーケード部分のランプが怪しく光を放ってステキでした。

16803.jpg
遊び心いっぱいのデザイン。旅友曰く、どれも今年の流行だとか。

16804.jpg
エレベーター・ホールの一角。ここがなんだかとても落ち着く空間。

16805.jpg
デラックス・ツイン・ルーム

16806.jpg
バスルームはシャワーのみだけど、使いやすい造り。ドアはルーバーなので音は漏れます。

16807.jpg
バスルームの取っ手。

16808.jpg
こちらはバスルーム側から。我が家にも付けたい~!

16809.jpg
ベッドサイド・テーブル。かわいらしい花の彫りと、金細工が施されています。

16810.jpg
スタンドの装飾。細かいところまでこだわっています。

16811.jpg
ベッドのヘッド・ボードはヘビ皮張り!

16812.jpg
クローゼットの取っ手もこんなにかわいいものが。とにかく手抜きのない徹底ぶり。

16813.jpg
お部屋のドアの外側にも、こんなテキスタイルが。インド風、かな。

16814.jpg
こちらはカーテン下部。こうやってみるとゴージャス感いっぱいですが、決してうるさくありません。

16815.jpg
夜のファサードは温かみもあり、こちらも雰囲気あります。

ホテルのファサード、コモン・スペース、客室内と、とにかくどこを見ても遊び心が感じられるデザインが施されています。エントランス周りが一番濃いものの、客室内はシンプルで必要最小限の設備しかないこともあり、個性の強い装飾がうるさくなく、ポイントとしてひき立つ程度の存在感で、いい感じの中和具合。

【The Saff -A Boutique Hotel-】
http://www.thesaffhotel.com/

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)