FC2ブログ

プロフィール

バリ子

Author:バリ子

トラベル・ライター&撮影コーディネーター。バリ島を中心に、シンガポールやマレーシア、台湾などで活動しています。

修行中のカメラ片手に、伝統行事や昔ながらの美しい自然の残る村々を訪れたり、現地の人々と触れ合ったりと、あちこち飛び回っています。

ハーブや薬草にも興味あり。特にインドネシアの民間療法を少しずつお勉強している今日この頃です。

マラッカの古い街並み


コーチの車窓から垣間見える風景に心躍り、フライング気味で興奮開始。降車場所のエクアトリアル・ホテルからジャラン・ジャランに出発~!なるべく移動に時間をかけないようにと、中心部に近いこのホテルで降りるコーチを選んだのです。

17801.jpg
日頃からバリで鍛えているにも関わらず、ホテルの前はちょっと躊躇するくらいぶっ飛ばす車の流れでなかなか渡れない・・・。

17802.jpg
キレイに修繕されたのではなく、こんな風にリアルな風化具合の窓、最高~!

17803.jpg
ポストも、使いこまれた感出てて味があります。

17804.jpg
何かいい感じです。

17805.jpg
手書きの看板がステキ!

17806.jpg
トライショーのアジト発見!ここから出動してるんですね。

17807.jpg
ビニール袋にくたびれた事務イス。整った美しさより生活感が感じられる裏道にドラマあり。

17808.jpg
ゲストハウスがありました。この辺を拠点にフラフラ裏道散策も楽しそう~。

17809.jpg
日常の一コマ。それさえも絵になります。

17810.jpg
ポストまで「ここはマラッカだよ!」と主張している感じ。

17811.jpg
カチャ・フローラが好きだけど、たまにはこんなキッチリした優等生タイプのもいいものです。

17812.jpg
少し歩けばすぐ中国寺院が。この金キラ・パワーで元気がもらえます。

17813.jpg
ドリンク・ショップ。

まー、歩いても歩いてもどんどん味のある景色が目に飛び込んできて、それはそれは楽しいひとときでした。結果的には中心部とは逆の方向に進んでいたようで、炎天下の照りつける日差しの中、汗ダクで来た道をひたすら戻るハメになったワケですが、方向音痴が時には思いがけない場所へ運んでくれることも。中心部に近い場所で降車するコーチを選んだ意味は・・・あったのかなかったのか(汗)

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)