FC2ブログ

プロフィール

バリ子

Author:バリ子

トラベル・ライター&撮影コーディネーター。バリ島を中心に、シンガポールやマレーシア、台湾などで活動しています。

修行中のカメラ片手に、伝統行事や昔ながらの美しい自然の残る村々を訪れたり、現地の人々と触れ合ったりと、あちこち飛び回っています。

ハーブや薬草にも興味あり。特にインドネシアの民間療法を少しずつお勉強している今日この頃です。

カンポン・モルテンのヴィラ・セントーサ


「ジョンカー・ストリートと、トゥカン・エマス通りと、トゥン・タン・チェン・ロック通りは歩かねば!」と思ってやってきたマラッカ。しかし、残された時間は1時間半にも満たない現実(汗)

トゥン・タン・チェン・ロック通りもまだ歩いていない上に、街歩き以外でもどうしても行きたい場所がまだ2ヶ所。「きっと帰りのコーチの時間まで3ヶ所全て周ることはできるだろうけど、街歩きが予想以上に長引いて、後の2ヶ所に行けなかったら困る、非常に困る!」・・・と、ジョンカー・ストリートと、トゥカン・エマス通りで街歩きは一応楽しんだこともあり、「ここはトゥン・タン・チェン・ロック通りは諦める他あるまい・・・」と思いきってK子さんにご相談。「えー、あのー、そのー、もう一本通りがあるのですが、時間があればとってもかわいいマレー村の家と、ステキ・コロニアルホテルへ行きたいな~などと思うのですが・・・」と道に迷った張本人なので控えめに自己主張をしてみたところ、「いいよ、行こうよ。」と大人の余裕で受け止めてくださるK子お姉様。嗚呼、なんという懐の深さ(涙)いつもいつも感謝です~!

18401.jpg
ターミナルまでの道中に寄り道してもらうことにしてタクシーに。

18402.jpg
目指すはカンポン・モルテンの「ヴィラ・セントーサ」です!

18403.jpg
この橋を渡った先がマレー村の「カンポン・モルテン」。

18404.jpg
マレー家屋が建ち並びます。

18405.jpg
見学できる家「ヴィラ・セントーサ」。お家の方が中を案内してくださいます。

18406.jpg
本で見て目が釘付けになった、かわいい色合いのお家。

18407.jpg
高床式で、中庭を取り囲むような配置になっています。

18408.jpg
いきなりデコラティブな空間!

18409.jpg
ステキなテーブル・セッティング。

18410.jpg
台所まで見せてくれます!

18411.jpg
家のあちこちに家族の写真が飾られていて、棚の食器も年季が感じられます。

18412.jpg
床が高いので、とっても心地よい風が吹き抜けます。

18413.jpg
なんてラブリーな空間なのでしょう!ピンクのソファにレース・カーテンがいい味出してる!

18414.jpg
かわいらしい色の組み合わせが、暑苦しくなくリラックスできそう。

この「ヴィラ・セントーサ」は、カンプン・モルテンで一番古い家だそうです。木造住宅ならではの時間を経た家の味わいがあり、そしてこの甘~いカラーリングとかわいらしい小物たち、窓から入ってくる心地よい風に外の日差しがぼんやりと家の中に明るさを生み出し、居心地の良いことったら!そのままうたた寝しそうなくらい気持ちの良い空間でした。

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)