FC2ブログ

プロフィール

バリ子

Author:バリ子

トラベル・ライター&撮影コーディネーター。バリ島を中心に、シンガポールやマレーシア、台湾などで活動しています。

修行中のカメラ片手に、伝統行事や昔ながらの美しい自然の残る村々を訪れたり、現地の人々と触れ合ったりと、あちこち飛び回っています。

ハーブや薬草にも興味あり。特にインドネシアの民間療法を少しずつお勉強している今日この頃です。

マバランとナシ・バビ


パサール・アグンへ夜空を見に行くまではまだ時間が。じゃあお祭りの様子を見てもらおう!とティンブラーへ。今日は「マバラン」という儀式が行われると聞いていました。

21101.jpg
そろそろティンブラーに来るのも慣れてきて、着くとホッとします。

21102.jpg
天気も良好!

21103.jpg
まずはプラ・アグンを先頭に、僧侶と村の人々がご神体を担いで寺院の周りを歩き始めました。

21104.jpg
これがご神体。ムラスティの日に海に運んでお清めされています。

21105.jpg
皆さん静かにゆっくりと進んでいきます。

21106.jpg
バレの前では子供たちがミニ・マバランを始めています。

21107.jpg
そしてこの後トゥルノたちがマバランを!

・・・と、ここでタイムリミット。パサール・アグンに早めに向かうのに、すぐにでも出発しなければいけません。しかし、Hさんがお店ではない儀式用のバビ・グリンを民家で食べてみたいとおっしゃるので、「じゃあ・・・サクッと食べてから出発しましょ~!」とサドゥの家に押しかけて、昨日神様に捧げたバビ・グリンをいただくことに。

21108.jpg
サドゥの家のおばあちゃん。田舎のおばあちゃんってどうしてこんなにかわいのでしょう。

21109.jpg
昔ながらの外のキッチンでごはんの支度をしてくれるサドゥとお母さん。

21110.jpg
写真が暗くて見えないけど、バビ・グリンをゴレンしたものとごはんです。

昨日の儀式では各家庭からバビ・グリンが奉納されたそうですが、その後村の人々は毎日バビ・グリンを食べるそうです。日持ちしないので、お肉を小さく切ってから油で揚げたものをごはんと一緒に。

ごはんを食べたら、そろそろマバランが始まるところ。ほんの少しの滞在で、もうこれからという時に村を発たなくてはいけないのは残念でしたが、今日しかない村の雰囲気を少しでも感じることができて、それもよし。翌日はスンブーを立てる儀式があるそうで、とっても見てみたいのですが、なんせこの日の実働時間は推測30時間(!)になる予定。まずはこれから向かうパサール・アグンを何とか乗り切らねば・・・。

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)