FC2ブログ

プロフィール

バリ子

Author:バリ子

トラベル・ライター&撮影コーディネーター。バリ島を中心に、シンガポールやマレーシア、台湾などで活動しています。

修行中のカメラ片手に、伝統行事や昔ながらの美しい自然の残る村々を訪れたり、現地の人々と触れ合ったりと、あちこち飛び回っています。

ハーブや薬草にも興味あり。特にインドネシアの民間療法を少しずつお勉強している今日この頃です。

パサール・アグン寺院の星空


早朝のルンプヤン寺院に続き、夜はパサール・アグン寺院へ星空を見に。「バリでキレイな星空が見たい!」と連絡をいただいてから、いろいろと友人に相談したり、検討したりしましたが、やっぱり「標高が高くて外灯がない場所」ということで、アグン山が一番だろうという結論に。連絡をいただいてから南部や中部、東部などいろいろな場所を見に行きましたが、もちろんパサール・アグンにも行ってきました。

その時の感動たるや、言葉が出てこないくらいの美しさ!天の川まではっきりと見え、大きく輝く星が散りばめられた満天の星空を見ているだけで身も心も清らかな気で包まれていく感じで、ただひたすら顔を夜空に向けて黙って立っているだけでした。(しかし、恐ろしく寒かったけど)

そんなワケで胸を張ってUさんご一行をご案内してきました。当日はとても厚い雲で覆われていましたが、心配はしていません。この前も道中は雲が出ていたし、寺院まで行けばきっとあの満天の星空が待っていると確信に近い予感が(自称・晴れ女)

21201.jpg
暗くなるほんの少し前に到着。

21202.jpg
まだ少し雲がかかっています。

21203.jpg
パサール・アグンは寺院まで300段の階段があるそうです(汗)

21204.jpg
「絶対無理・・・」と思っていたけど、ルンプヤンで鍛えてきたからかペースもまずまず。

21205.jpg
あっという間に寺院前に到着。その頃にはもう真っ暗でした。

21206.jpg
まだ星もそんなに出ていないので、まずはお寺にスンバヤンへ。

21207.jpg
夜の静寂に包まれた山寺は昼間と違って迫力があります。

21208.jpg
こんな時間でも少し参拝者もいました。

21209.jpg
まずは無事に到着できたことに感謝しながらスンバヤン。

21210.jpg
皆さん心静かに祈りを捧げています。

21211.jpg
真っ暗で寺院の様子は見えません。そしてとにかく寒い~!!

21212.jpg
スンバヤンが済んで振り返ればそこには満天の星、星、星!

少し待つとどんどん星の輝きが増してきて、前回にも増して美しい夜空が目の前に現れました。ベタに宝石箱と表現するのがピッタリなくらいに大きな星たちが、赤に、黄色に、白にと輝きを放ち、目を離すことができないくらい。Kさんと一緒に階段に寝転んで、「キレイですね~」とか、「でも星の名前が分からない、あれ何だろ?」とか、興奮しながら星空ウォッチング。でも、ほとんど「キレイ~!」と「すごい~!」をやたらめったら乱発していただけ。夜空を眺めている間中、自然と口から出てしまうくらいの感動が一瞬たりとも引かないのです、とにかく。そして人生で一番キレイな流れ星も、この日見ることができました。

パサール・アグン寺院は3142mある霊峰アグン山への登山の一般的なスタート地点で、標高1500mの場所にあります。寺院の裏手から出発し、日の出に合わせて登頂するように約4時間かけて暗いうちから出発するようです。丁度この日の前日に友人が日の出登山ツアーに参加していたのですが、山登り好きの彼女でもかなり大変だったそう。山登りはご遠慮させていただきたいけど、夜のパサール・アグン寺院は今すぐにでもまた行きたいくらいステキな場所だったし、昼間アグン山を背景にしたパサール・アグン寺院も近いうちに見に戻って来たいです、必ず・・・。

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)