FC2ブログ

プロフィール

バリ子

Author:バリ子

トラベル・ライター&撮影コーディネーター。バリ島を中心に、シンガポールやマレーシア、台湾などで活動しています。

修行中のカメラ片手に、伝統行事や昔ながらの美しい自然の残る村々を訪れたり、現地の人々と触れ合ったりと、あちこち飛び回っています。

ハーブや薬草にも興味あり。特にインドネシアの民間療法を少しずつお勉強している今日この頃です。

クディサンからトゥルニャンへ


「バリで行ってみたい場所は?」と聞かれたら、必ず頭に浮かぶのは「トゥルニャン」。風葬を行う珍しい村なのに、トゥルニャンまでの道中で恐ろしいトラブルが多く発生するから「近寄らない方がいい」というのが定説で、行ってみたいなぁ~と思いつつも、小心者なので今までその機会はナシ。

先日たまたま取材で行ったのが、クディサンにあるトゥルニャン行きのボート乗り場。試しにボートの料金を聞いてみると、ちゃんと正規料金のリストがありました。「ボートに乗ったら途中で追加料金がかかるとか言うんじゃないの?」とか、「村に着いたら高いガイド料請求してくるんじゃないの?」といろいろ心配な点を投げかけてみたら、「いやいや、大丈夫!」と言うではないですか!「・・・う~ん、これで騙されたらもう諦めるしかない。行ってみるか!」と、ついにずーっと行ってみたかったトゥルニャンへ出発することに。

28001.jpg
レイク・バトゥール・フェスティバル取材のためにキンタマーニへ。晴天です!

28002.jpg
これがクディサンにあるトゥルニャン行きのボート乗り場。

28003.jpg
ここが未知の世界へのゲートです。ドキドキ・・・。

28004.jpg
あら、思っていたよりも立派なボートですよ。

28005.jpg
トゥルニャン目指してレッツゴー!天気がいいし、湖から眺める絶景が素晴らしい!

28006.jpg
手前の村が見えてきました。

28007.jpg
そしてこっちがトゥルニャンの村です。

28008.jpg
まずは村へ。

ヴィレッジ・ツアーさながら、トゥルニャンの村を少し案内してもらえます。

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)