FC2ブログ

プロフィール

バリ子

Author:バリ子

トラベル・ライター&撮影コーディネーター。バリ島を中心に、シンガポールやマレーシア、台湾などで活動しています。

修行中のカメラ片手に、伝統行事や昔ながらの美しい自然の残る村々を訪れたり、現地の人々と触れ合ったりと、あちこち飛び回っています。

ハーブや薬草にも興味あり。特にインドネシアの民間療法を少しずつお勉強している今日この頃です。

コンキュバイン・レーン


イポーの旧市街で一番行きたかった場所が、「コンキュバイン・レーン(妾通り)」。細い路地には独特の雰囲気が漂い、さぞやいろいろなストーリーがあったであろうと思わせる通り。元々はアヘン、ギャンブル、売春宿が集まる通りであり、有力者のお妾さんが住む通りだったそうです。その後裕福な華僑が住むようになり、現在に至ります。イポー・シティ・ツアーでも入っていたのですが、ほんの少ししか時間がなかったので、ゆっくり好きなだけウロウロしようと午後にまた戻りました。

29401.jpg
細い通りの両側には、住宅がビッシリ。人が住んでいるのかいないのか・・・というくらいに静か。

29402.jpg
狭いけど、テラス部分はアーケード状に通り抜けできる造り。

29403.jpg
頭の上には洗濯もの。生活感があるようでないような、不思議な感じ。

29404.jpg
いやぁ~、かなりの老朽具合でステキ!

29405.jpg
ルーバー窓だってこんなことに。通り全体的なまとまりのある古さが異空間を演出している感じ。

29406.jpg
空き家も結構ありますが、そのほとんどが半端ない痛み様。もう崩れ落ちそうなくらい。

29407.jpg
こんな風に立ち入りを禁止されていると、ここではかなり怖い!けど、見てみたい・・・。

29408.jpg
とウロチョロしていると、後ろからおじさんが。この家の中でマージャンをしているそう。携帯を出して「一緒に写真を撮ろう」と言われたので応じたところ、紙に漢字で名前を書けと。はいはい・・・、と書いてあげて去って行ったかと思うと、しばらくしたら戻って来て見せてくれたのが、携帯の中に、おじさんと一緒に写った写真に、「バリ子」と入れてある(汗)き、きっとこれからここを訪れる日本人旅行者に見せられるんだろうなぁ・・・。

29409.jpg
結局ロープの中をのぞいてみると、こんなことに。あぁ、壊れててもステキ!

ツーリスト・インフォメーションでもらった地図には、このコンキュバイン・レーンの過去・現在・未来の写真が載せられています。その昔の写真から流れ出す雰囲気もとてもステキだし、現在のこの朽ち果てた感もすごく好み!しかし、未来が掲載されているだけあり、この通りもこのまま放置されるワケがなく、再開発の計画があるそうです。未来の写真の代わりに載せられている画には、たくさんのお店や食堂などの看板が並んでいて、日本で言うところの「昔の街並み」みたいな変身をするのでしょう。何棟かの住宅は、シンガポール(だったかな?)の富豪に買い取られ、今後ブティック・ホテルに生まれ変わるそうです。とにかく、こんな生きた古い街並みを直接自分の目で見て、足で歩くことができて、とってもよかった!できれば次来た時もまたこの通りをゆっくり通ってみたい・・・。

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)