FC2ブログ

プロフィール

バリ子

Author:バリ子

トラベル・ライター&撮影コーディネーター。バリ島を中心に、シンガポールやマレーシア、台湾などで活動しています。

修行中のカメラ片手に、伝統行事や昔ながらの美しい自然の残る村々を訪れたり、現地の人々と触れ合ったりと、あちこち飛び回っています。

ハーブや薬草にも興味あり。特にインドネシアの民間療法を少しずつお勉強している今日この頃です。

マスのワヤン・ウォン


先日トゥガナンで会ったおじさんが、「今度マスのオダランであるワヤン・ウォンがすごくいいから見に行った方がいいよ!」と教えてくれたので、クニンガン当日の夕方、久しぶりに正装をして出かけることに。

32101.jpg
寺院の近くまで行くと、ちょうどご神体が中へ入るところで、道路は大渋滞!表の参道にもこんなに人が溢れています。これみんなスンバヤンのためにやって来た人たちです。

32102.jpg
マスのオダランは初めてだし、最近カランガッセムの小さな儀式ばかりに行っていたので、規模の大きさにテンションも上がります。寺院前の広場には、ギッシリと屋台が並んでこっちもたくさんの人で大賑わい。

32103.jpg
サテ、ゴレンガン、スロンボタン、バクソ、ローカルぐるめも大集結!

32104.jpg
洋服やカインを売っていたりも。これがなかなか安くて人気だとか。

32105.jpg
お寺の敷地内に入ってみると、こっちもぎゅうぎゅう詰め。

32106.jpg
雨で少し遅れて行ったので、着いたらもうワヤン・ウォンが始まっていました。

32107.jpg
今日のワヤン・ウォンはラマヤナ物語をベースとしたワヤン・ウォン・ラマヤナ。・・・と言ってもセリフはサンスクリット語?かなにかなので全く理解できず(汗)

32108.jpg
ワヤン・ウォンが演じられている横で、ご神体が寺院の中に入って行きました。

32109.jpg
そうこうしているうちにワヤン・ウォンも終わり、演者さんたちも寺院の中へ。

32110.jpg
トペンはいろいろな動物のモチーフがあり、最後にはハノマンも登場していたけど、一体どんなストーリーだったのか皆目見当もつかず。ラヤマヤやマハバラタなどのインド古典抒情詩を読んでおかねば・・・と毎回こういう時に思います(汗)

32111.jpg
せっかく来たので、寺院の内部でスンバヤンをしてから帰ることに。入口でチャナンを買って、地元の皆さんとスンバヤン・ブルサマ。友人曰くここのお寺のパユン(傘)の飾りつけ方は他ではない珍しいやり方だそう。寺院内にはお祈りの始まりを待つ人々が静かに腰を下ろして座り、頭と空の間にはジュプンの木が枝を伸ばし、そんな中に白と黄色のパユンが立つ様子は、とても神聖で特別な雰囲気を醸し出しています。2度目のスンバヤンで奥に入ると、さっきまで踊りに使われていたトペンがバレの軒下にずらりとぶら下げられていました。

トゥガナンで会ったおじさんは、予定を変更してクルンクンのオダランに出かけたそう。実は家がご近所さんだと判明し、遊びにおいでと誘われたのでお宅でクルンクンで撮った写真を見せてもらったら、それがまたステキ!小さな女の子たちの踊りだったのですが、ルジャンの様にジャヌールで作ったお飾りを帽子の様にかぶるのではなく、直接髪に挿して作りあげるお飾りがとってもステキ!「次のクニンガンは、そっちに行こう!」と速攻決定。また新しいお楽しみができました♪

1年を通していつでも儀式が行われるバリですが、ガルンガンやクニンガン周辺は各地でオダランや儀式が特に多く行われる時期でもあり。ウキウキしたお祭りムードに包まれます。

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)