FC2ブログ

プロフィール

バリ子

Author:バリ子

トラベル・ライター&撮影コーディネーター。バリ島を中心に、シンガポールやマレーシア、台湾などで活動しています。

修行中のカメラ片手に、伝統行事や昔ながらの美しい自然の残る村々を訪れたり、現地の人々と触れ合ったりと、あちこち飛び回っています。

ハーブや薬草にも興味あり。特にインドネシアの民間療法を少しずつお勉強している今日この頃です。

クリスタル・ボウルと三昧琴


先日取材先でたまたまお会いしたご夫婦。奥様はクリスタル・ボウル、旦那様は三昧琴を演奏されるとのこと。クリスタル・ボウルは以前ウブドの「サハスラーラ」で初めてその音色を聞かせてもらい、大きな波動と、力強くて優しい音色にとっても驚きました。スピリチュアルな感覚は全く持ち合わせていないけど、「この音色に包まれて何も考えずにウトウトしたら気持ちいいだろうな~」と。

クリスタル・ボウルはクリスタルの粉を型に流し入れて焼きあげたもので、炊飯器のお釜のような形をしたボウル。人間の持つ7つのチャクラに対応し、エネルギーを活性化させたり、心身のストレスをリリースしてリラックスすることができるなど、たくさんの効果があるそう。最近ではクリスタルに様々な鉱物を混ぜたり噴き付けたりして焼いたものもあるそうで、そんなクリスタル・ボウルの音色には、その石の持つパワーも一緒になって波動となるそうです。

32306.jpg
これがクリスタル・ボウル。

32307.jpg
ぼわぁ~んと響いてくるクリスタル・ボウルの音色を聞いていると、頭がぼーっとしてきます。マレットでフチをクルクル擦ると、ビックリするくらいの大きな音が生まれ、その波動に包まれていく感じが。

32308.jpg
そして今回初めて聞いたのが、旦那様が演奏される「三昧琴」。石川県小松市の鍛冶師・河上知明氏が創作したオリジナルの楽器です。

32309.jpg
純チタンや鉄を一つ一つ手作りで鍛造したお皿状の鐘は、小さなものから大きなものまで大きさは様々。厚みや形などにより同じ音色のものは2つとなく、旦那様も直接小松まで足を運び、これだと思うものを探していらしたそうです。

32310.jpg
面白いのが、鍛冶師・河上知明氏がこの「三昧琴」を作るきっかけになったのが、バリ島旅行だったそう!旅行中に出会ったバリアンに、「あなたは将来楽器を作るようになるだろう」と告げられ、当時楽器作りには全く興味のなかった村上氏は「楽器など作らない」と思っていたそうですが、その後長い年月を経て三昧琴を創った際に、ふとバリアンの言葉を思い出したそうです。そんなバリとゆかりのある楽器とバリで出会うことができるなんて!三昧琴の音色は本当にそれぞれの音色があり、美しく、優しくやって来ます。儚く小さな音色なのに、温かくてどこまでも響きながら存在しているという感じでしょうか。音色が響いてくる度に、自分の中でポツッ、ツポッ、と何かが生まれるような感覚も。

ただ気持ちいい、落ち着く、というシンプルな感情だけ感じるのですが、そんな単純に気持ちの良さを感じられるのが実はとっても大切なことなのかもしれません。

【日本クリスタル・ボウル協会】
http://www.7crystalbowls.jp/

【サハスラーラ】
http://www.sahasrara-bali.com/index.html

【あとりえ三昧亭】
http://www.ne.jp/asahi/zan/mai/

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)