FC2ブログ

プロフィール

バリ子

Author:バリ子

トラベル・ライター&撮影コーディネーター。バリ島を中心に、シンガポールやマレーシア、台湾などで活動しています。

修行中のカメラ片手に、伝統行事や昔ながらの美しい自然の残る村々を訪れたり、現地の人々と触れ合ったりと、あちこち飛び回っています。

ハーブや薬草にも興味あり。特にインドネシアの民間療法を少しずつお勉強している今日この頃です。

スーパーでも薬草


36101.jpg

インドネシアでは「ジャムー」と呼ばれる民間療法が古くから伝わっていて、植物の葉や根っこなどを煎じて薬にしたものを今でも使っています。現在ジャムーというと、粉末状になったものを薬局やジャムー・スタンドで購入して飲んだり、生のジャムーを「ジャムー・ゲンドン」と呼ばれるジャムー売りのおばさんから買って飲んだりする人が大半ですが、本来ジャムーは各家庭や王宮などでそれぞれオリジナルのレシピで作られるものとして、体調のすぐれない時には誰もがちょちょっと自宅で作ってしまう、生活に密着したナチュラルなお薬なのです。そして西洋医学が主流となった今日でも、ジャムーは根強くインドネシアの人々の間で支持されています。その効能は様々な病気や精神面にも働き、美容にも効果があると言われているんです。

スーパーに行けばこんな風に薬草コーナーもあり、いろいろな種類の薬草が気軽に買えるんですよ。

--------------------------------------------------------
【DAUN LEGUNDI】
乾いた咳、百日咳、湿疹、喉の痛み、寄生虫

【DAUN WARU】
咳、排尿をスムーズに、解熱、健康な髪に

【DAUN PECUT KUDA】
肝臓結石、潰瘍、生理不順、肝炎

【DAUN SIRSAT】
ガンや潰瘍に

--------------------------------------------------------
といった風に、一部を書きならべてみましたが、それ以外にも様々な症状に良いといわれる薬草が山ほど!我が家でも西洋ハーブと一緒にジャムーの材料となるインドネシアの植物や薬草などを育てています。ジャムーに興味があり、以前は毎朝フレッシュなものを届けてもらっていたこともあったのですが、本を読んだり、ジャワまで行ってウワサのドリンクを飲んでみたりと、チョコチョコ試してはいるものの、まだまだ道のりは長~い!バリでジャムーの達人と言われる人、そして当たり前の様に家庭で作っているイブイブやダドンなどにいろいろ教えてもらいたいな~と思っています。

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)