FC2ブログ

プロフィール

バリ子

Author:バリ子

トラベル・ライター&撮影コーディネーター。バリ島を中心に、シンガポールやマレーシア、台湾などで活動しています。

修行中のカメラ片手に、伝統行事や昔ながらの美しい自然の残る村々を訪れたり、現地の人々と触れ合ったりと、あちこち飛び回っています。

ハーブや薬草にも興味あり。特にインドネシアの民間療法を少しずつお勉強している今日この頃です。

グヌン・ルバー寺院のチャロナラン


チャンプアンの橋の下にあるグルン・ルバー寺院。ウブド発祥の地で、2つの川が合わさるエネルギーに満ちた場所だと言われています。そんなグヌン・ルバー寺院でのオダランが始まると友人に教えてもらい、スンバヤンとチャロナランの鑑賞に出かけてきました。

「チャロナラン」とは神様への奉納舞踊として村の安全と平和を祈り、またブタ・カラ(悪霊)に対しても捧げられる踊り。チャロナランは夜遅い時間から始まり、トペンやドラマ、バロンなどいろいろな舞踊が奉納されます。バリの人々は「途中で帰るとランダがついてくるから最後まで必ず見なくてはいけない」と言います。(もちろん帰る人もいますが)

以前にチャロナランを見たのはかれこれ12年以上前のこと。久しぶりのチャロナランなので、楽しみにウブドへ行ってきました~!

37301.jpg
日中ビンタンで買い物をしていたら、ジャラン・ラヤをンギリンが行進中!

37302.jpg
そして夜を待ってスンバヤンへ。

37303.jpg
お寺の中は、こんなにギッシリとスンバヤンの人で埋め尽くされています。

37304.jpg
ご神体はキレイに飾りつけられて、祀られています。

37305.jpg
スンバヤンが終わって、チャロナランの見学へ。

37306.jpg
深夜なので、みんなもうお疲れ。1つ踊りが終わるごとに、少しづつ人が減っていきます。

37307.jpg
こちらテレック。

37308.jpg
そしてランダ登場~!

37309.jpg
バパッたちはトランスに入り、自分の胸にクリスを突き立てます。

37310.jpg
そこに聖獣バロンと聖水を持った男の子登場。

37311.jpg
キレイな女の子の踊りに続き、

37312.jpg
ドラマがまた始まりました。

今回はここまでで、途中で帰宅しました。こんな風にいろいろな踊りが立て続けに舞われるチャロナラン、見ごたえあります。今回はチャロナランの前にスンバヤンもできてよかったです。

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)
凄いですね~(//∇//)
バロン好きな私としては、何体も並ぶバロンを見てみたいです!
バリ子さん、途中で帰られたようですが、ランダをお持ち帰りしてないですか?(爆)
  • りぃ#-
  • URL
  • 2012.08.06(Mon)
  • Edit
こんにちは~、りぃさん!
バロンはお祭り前にお坊さんによってキレイにお髭を梳いてもらったり、お花を飾ってもらったりするんですよ~。
この時一緒だったフォトグラファーと「このチャロナランはなんだか怖くなかったね~」と先日話していたところでした。
ちなみに初めてのチャロナランの時は、怖くて後ろを振り返りながら帰ったのを覚えています。
  • バリ子#5h.aGyeY
  • URL
  • 2012.08.08(Wed)
  • Edit