FC2ブログ

プロフィール

バリ子

Author:バリ子

トラベル・ライター&撮影コーディネーター。バリ島を中心に、シンガポールやマレーシア、台湾などで活動しています。

修行中のカメラ片手に、伝統行事や昔ながらの美しい自然の残る村々を訪れたり、現地の人々と触れ合ったりと、あちこち飛び回っています。

ハーブや薬草にも興味あり。特にインドネシアの民間療法を少しずつお勉強している今日この頃です。

パンナコッタを探せ!@バリ


パンナコッタが大好きです。

そんなワケで、イタリアン・レストランに行くと、たいがいデザートにはパンナコッタをオーダーするのですが、
どういうワケか、バリからおいしいパンナコッタが気付かないうちに、忽然と姿を消してしまったようなのです。

事の発端は一体何だったのか、今ではもう定かではありません。そうそう、友人が急に「パンナコッタが食べたい!」と発作的に言い始めたんだった。でも、なかなかパンナコッタのあるお店に行く機会がなく、不満が爆発しているみたいという話を友人にしたら、「ザンジバーのパンナコッタがすっごく大きくて、すっごくおいしいよ!」ということで、「それは行かねば!食さねば!」と興味津々で「ザンジバー」へ。

しかし、夜遊びの〆にデザートを食べるのがマイブームで、夜遅くに「ザンジバー」に行ってみると、「ハビース!(売り切れ)」と。そうなるとますます気になるというもの。早速数日後の昼間にリベンジに。

04101.jpg
でも・・・聞いていたほど大きくないし(小さくなったらしい)、味も悪くはないのですが、大絶賛するほどではなくて残念・・・。

常日頃、バリでおいしいパンナコッタは「ガドガド」、そしてその次に「トラットリア」と思っていたので、じゃあと「ガドガド」へ。この日も閉店間際だったので、売り切れてたらシャレにならん!と到着前に電話を入れて、「パンナコッタある?」と聞いたら「あります」と。

04102.jpg
余裕でテーブルについてメニューを見ると、何と!メニューにパンナコッタの文字がないのです!!どうも電話に出たおねえちゃん、メニューも見ずにあると答えた様子。しかも、「まだ3つある?」と数の確認までして「大丈夫です」まで言っていたのに・・・。当のおねえちゃんも、私たちが到着してからメニューから消えていることに気付いたようで、「ごめんなさい・・・」と。結局不本意ながら、フォンダン・ショコラを食べて帰宅。

04103.jpg
そうなると、本命は残すところ「トラットリア」のみ。じゃあ手っ取り早く、カルフールの中にある元トラットリアの「ペペネロ」へ。そしてここでも「もうパンナコッタは売っていません」と。

04104.jpg
ああ、パンナコッタやいずこ(涙)電気テラピーのために行ったプラザ・バリ。「クマンギ」というイタリアン・レストランがすぐ横にあって、パンナコッタの看板がでていたので、日を改めてこれまたディナーの後に行ってみました。味はこれまでの中で一番好きな味だったけど、固めが好みなので少し柔らかいのが残念!

04105.jpg
もうこの辺まで来たら、意地でもおいしいパンナコッタを見つけなければ気が済まない!たまたまパスタを食べに行ったサヌールの「サレ・エ・ペペ」でももちろんオーダー。・・・悪くはないのだけれど、「ガドガド」のパンナコッタみたいにしっかりと生クリームの味が口に広がる、あのまったりとしたパンナコッタを求めているのですよ~(涙)

04106.jpg
こうなったらもう最終手段の「トラットリア」に行くほかあるまい・・・と意を決して「トラットリア」へ行ってみると、目の前にやって来たお皿を見て、しばし呆然。パンナコッタはモデル・チェンジされておりました。一口食べてみると、見た目だけではなく、味ももはや昔のものとは違うものに。「ガドガド」も「トラットリア」も、もうすでに過去の話になってしまったのです。

04107.jpg
友人が「エンヴィーにあったよ。おいしかったよ~」と言うので行ってみれば、もうメニューには載っておらず。

04108.jpg
最後の望みをかけてウブドの「ブラック・ビーチ」へ。なんてったって、ここのパスタはすごくおいしいから、きっとパンナコッタも・・・。と、最後まで望みを捨てきらずに行ってみると、一番パンナコッタから遠い、まるで寒天で作った牛乳カンのようなシロモノが・・・。

おいしいパンナコッタやいずこへ。バリではフォンダン・ショコラが幅をきかせていて、今ではファイン・ダイニングだけではなくちょっとしたレストランやワルンでもみかけるくらい。そんなフォンダン・ショコラとの戦いに、パンナコッタは負けてしまったのでしょうか。

もう諦めて自分でパンナコッタを作ってみたものの、やっぱり納得できるものにはならず。好みの味に仕上げるには、まだ何回も試してみないと辿りつかないと自覚。はぁ・・・。

04109.jpg
そういえば、「ウルティモ」のも食べたけど、味はもう忘れちゃった・・・。

こんなに険しいバリのパンナコッタ探究の旅、いつか珠玉の一皿に巡り合えるのでしょうか??

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)