FC2ブログ

プロフィール

バリ子

Author:バリ子

トラベル・ライター&撮影コーディネーター。バリ島を中心に、シンガポールやマレーシア、台湾などで活動しています。

修行中のカメラ片手に、伝統行事や昔ながらの美しい自然の残る村々を訪れたり、現地の人々と触れ合ったりと、あちこち飛び回っています。

ハーブや薬草にも興味あり。特にインドネシアの民間療法を少しずつお勉強している今日この頃です。

ウパチャラ・パウィンタナン


本当にバリには数えきれないくらいの儀式があり、まだまだ見たことのない儀式がたくさんあります。先日は、「ウパチャラ・パウィンタナン」という儀式があると聞き、行ってきました。

「ウパチャラ・パウィンタナン」は、お寺の中で儀式を執り行ったり、その一環の仕事を行う前に行われるお清めの儀式であり、寺院内の役を行う許可をいただく儀式だそうで、プダンダと呼ばれる高僧になるための、最初の一歩と言ってもいいようです。

プダンダはイダ・バグスと名乗る僧侶階級の人々がその資格を持ちますが、プダンダになるまでには長い道のりがあります。バリの各地には、プダンダの先生である「ナベ」がいて、それらのプダンダに師事し、何年もかけて勉強をするそうです。

41101.jpg
パウィンタナンの行われるグリヤに続々とプダンダが集まってきました。

41102.jpg
そしてクカウィンが読み上げられます。

41103.jpg
これ、全部バリ語で書かれていて、ちんぷんかんぷん(汗)

41104.jpg
儀式が始まりました。

41105.jpg
ちょこちょこ写真を撮っていたら、イブに頼まれて、シリーの葉っぱを洗うお手伝いを。

41107.jpg
この葉っぱに、マントラを書き込みます。

41106.jpg
真ん中の方に見えるのがそれ。

41108.jpg
それを糸で縛ります。

41109.jpg
儀式の終わり、祈りを捧げてビジョをいただきます。

41110.jpg
そして先ほどのダウン・シリーをムシャムシャッと食べ始めました。

この後、来賓のプダンダたちのお話しをいただき、ヤサ(ごはん)をいただき、終わったのは深夜でした。
今回パウィンタナンに参加しているイダ・バグスさんの一人は、これからプダンダになる儀式を控えているとのこと。このプダンダになる儀式「ウパチャラ・ムディクシャ」も頻繁にあるものではありません。ここで知り合ったのもご縁ということで、後日行われる儀式も参加させていただくことに。

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)