FC2ブログ

プロフィール

バリ子

Author:バリ子

トラベル・ライター&撮影コーディネーター。バリ島を中心に、シンガポールやマレーシア、台湾などで活動しています。

修行中のカメラ片手に、伝統行事や昔ながらの美しい自然の残る村々を訪れたり、現地の人々と触れ合ったりと、あちこち飛び回っています。

ハーブや薬草にも興味あり。特にインドネシアの民間療法を少しずつお勉強している今日この頃です。

クシマンのプングレボンガン


今年もやってまいりました、クシマンのプングレボンガンが!去年は最後まで見れなかったので、今年は最後まで!と意気込んでやってきました。

41601.jpg
ここのペンジョールは本当に立派なんですよ~。

41602.jpg
かーなーりー待って、ご神体がいらっしゃいました。

41603.jpg
ラトゥアユ

41604.jpg
ススナン。クシマンだけではなく、デンパサールの他の村やサヌールなどからも集まります。

41605.jpg
一旦安置されたススナンが下りていらして、儀式が始まります。

41606.jpg
・・・静かに座る人々の間から、「きぇぇぇぇぇぇっ!」と。トランスです。

41607.jpg
あっちでもこっちでもトランスに入る人々が。

41608.jpg
そしてススナンとトランスに入った人々はジャボへ出て、ワンティランのまわりをグルグルと回り始めます。「プングレボンガン」とは、回るという意味だそうです。

41609.jpg
回っている人の周りには、見物する人でいっぱい!

41610.jpg
激しく動くラトゥ・アユ。

41611.jpg
トランスに入ったおじさんは胸にクリスを突き立てます。

41612.jpg
そして再びジェロアンへ。日も暮れてきて、中は異様な雰囲気です。

41613.jpg
こちらはプマンクたち。このいでたちにどのような謂れがあるのでしょう。他では見ない格好です。

41614.jpg
そして、プマンクたちの足元で、次々とクリスを胸に刺す人々。異様と言う他ない雰囲気。

41615.jpg
そして、このダンスで儀式は終わり、ススナンはバラガンジュールと共に各村へお帰りに。

去年は去年で衝撃があったのですが、今年初めて見ることができた後半部分の異様さときたら・・・。ジェロアンの中だけ別世界のような感じでした。来年もまた見に来ねば・・・。

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)