FC2ブログ

プロフィール

バリ子

Author:バリ子

トラベル・ライター&撮影コーディネーター。バリ島を中心に、シンガポールやマレーシア、台湾などで活動しています。

修行中のカメラ片手に、伝統行事や昔ながらの美しい自然の残る村々を訪れたり、現地の人々と触れ合ったりと、あちこち飛び回っています。

ハーブや薬草にも興味あり。特にインドネシアの民間療法を少しずつお勉強している今日この頃です。

タジェンとルジャン


「今日行ったお祭りがとってもよかったから、明日一緒に行こう!」とパパラッチおじさんに誘われ、カランガッセムまで行ってきました。初めて行く村はどんなところかドキドキします。

45601.jpg
こんな細い道を通って村まで。この田舎の雰囲気たまらない~!

45602.jpg
お寺に到着。お祭りは夕方からだそうで、まだ人気はナシ。

45603.jpg
お供え物にティパットが。これも珍しいなぁ~。場所によってお供え物にも個性があるのが面白い。

45604.jpg
お寺の外では男衆が闘鶏を。

45605.jpg
絶好の撮影場所を提供してくれて、かなり近くまで入れてくれました。

45606.jpg
ニワトリの血が土地にしたたるのも儀式の一つ。

45607.jpg
しかし、おじさん達はカケで熱くなって大興奮!

45608.jpg
ちょっとお寺を離れてルジャンの準備をしているお宅に。

45609.jpg
華やかな女の子。これからお寺へ向かいます。

45610.jpg
そろそろ村のみなさんが集まって来ました。

45611.jpg
これからルジャンを舞う少女たち。グルンガンがとってもステキ!

45612.jpg
「ジュルッ・バリ」と呼ばれるサボンのような大きなミカンにお花のお飾りを刺してあります。

45613.jpg
この日はお祭りの最終日。このお寺に集まった各お寺のご神体がお帰りになります。

45614.jpg
村に点在するお寺でスンバヤンとルジャンを。

45615.jpg
日が暮れて、村に夜がやって来ました。そのままくらい中郊外のお寺に行き、お祭りは深夜まで続きます。

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)