FC2ブログ

プロフィール

バリ子

Author:バリ子

トラベル・ライター&撮影コーディネーター。バリ島を中心に、シンガポールやマレーシア、台湾などで活動しています。

修行中のカメラ片手に、伝統行事や昔ながらの美しい自然の残る村々を訪れたり、現地の人々と触れ合ったりと、あちこち飛び回っています。

ハーブや薬草にも興味あり。特にインドネシアの民間療法を少しずつお勉強している今日この頃です。

サヌールのムチャル・ヤマ・ラジョ


大きな儀式があるとお招きいただき、サヌールのとあるグリヤへ行ってきました。普段からとてもお世話になっているご家族で、サヌールのビーチまでのムラスティがあるからと、一緒に歩かせてもらうことに。ムラスティの写真はあまり持っていないし、ビーチまでのムラスティに参加させてもらえること自体も、嬉しいことです♪

47101.jpg
まずはグリヤへ。セキュリティーさんのシロちゃんにはまだまだ警戒されている・・・。でも今日はついにお腹まで触らせてくれた♪まぁ、次行ったらまた吠えられそうだけど(汗)

47102.jpg
氏寺まで行き、ビッグ・ファミリー勢揃いでビーチへ向かいます。

47103.jpg
あー、ムラスティの行列がとってもキレイなのに、逆光で上手く写真が取れない・・・。絶望的な腕のなさにヘコむ(涙)

47104.jpg
ビーチに到着したらご神体を安置し、スンバヤン。

47105.jpg
帰りこそ!と、先に行列の帰りを待つことに。

47106.jpg
とにかくたくさんの人で道路が溢れかえっています。

47107.jpg
お寺まで戻り、ご神体が3度お寺の前を回ります。

47108.jpg
ここから奉納舞踊が捧げられるのですが、すごい人!

47109.jpg
次のバリスの際には、バパッやイブイブたちが前に入れと入れてくれました。サヌールの皆さん、優しいなぁ(涙)

47110.jpg
旦那さんが踊っているというイブと一緒に見学。

47111.jpg
狭い場所で踊り、見学している人もいっぱいなので、槍があたりそうなくらいスレスレ。

47112.jpg
近いからということではなく、とても迫力のあるバリスで思わず食い入るように観てしまいました。

47113.jpg
バリスが終わり、儀式は翌日へと続くそうです。

グリヤに戻ってから今日の儀式の話を聞いてみると、「ウパチャラ」という名の今日の儀式は、オゴオゴの日と対になる儀式に当たるそうなのです。

バリを納めている神様は普段はヌサ・プニダに住まわれていて、1年に一度バリに様子を見にいらっしゃるそうなのですが、その際バリの玄関口になるのがサヌール。この儀式はヌサ・プニダの神様がバリにいらっしゃるのをお迎えする儀式だそう。サヌールにいらっしゃった神様は二日間留まられ、三日目に西へ向かって出発され、そのまま4ヶ月の間バリの至る所を回られるそうです。そしてヌサ・プニダに戻る4ヶ月後の新月の日が、ニュピの前日のオゴオゴの日なのだそうです。

おおー!なんと分かりやすい!!しかし、今までずっとオゴオゴはバリから悪霊を追い出す日だとばかり思っていたのですが、今日の話は違っていました。確かにバリ・ヒンドゥー教では正と悪の戦いに終わりはなく、また正と悪は二つで一つであると言われており、悪は追い出したり無くしたりするのではなく、上手く共存するという考えであるので、納得の説明ではあります。また色々な人にこれに関する意見を聞いてみたいと思うのですが、こんなにもスッキリと儀式の謂れについて説明してもらえることはなかなかないこと。「サヌールのことならだいたい説明できる」ということなので、またいろいろとお話しを聞きに伺おうと思います。

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)