FC2ブログ

プロフィール

バリ子

Author:バリ子

トラベル・ライター&撮影コーディネーター。バリ島を中心に、シンガポールやマレーシア、台湾などで活動しています。

修行中のカメラ片手に、伝統行事や昔ながらの美しい自然の残る村々を訪れたり、現地の人々と触れ合ったりと、あちこち飛び回っています。

ハーブや薬草にも興味あり。特にインドネシアの民間療法を少しずつお勉強している今日この頃です。

3姉妹のポトン・ギギ


満月の夜は、ダナ・ヨガの集まりに寄らせてもらいました。前回ウパチャラ・パウィンタナンを見学したグリヤですが、毎月満月の夜がダナ・ヨガの日だそう。一体どんなことをしているのだろう?と気になっていたので、寄せてもらいました。

ダナ・ヨガという名前からヨガをやっているのかと思ったら、主に聖職者が集まって、パワーを充電する儀式をしているそうです。ナベがティルタを下さるというので、私もヌナス・ティルタを。でもメンバーたちはティルタをいただいた後に何か口に入れているようでした。

この日で何度目かの訪問だったので、見知った顔もチラホラ。前回ここで会ったお兄ちゃんが、「明日近所でポトン・ギギがあるから見においで」と。予定もなかったので、喜んで行ってきました。

48901.jpg
歯を削る人・サンギンが、道具を手に持ってお祈りするところから始まります。

48902.jpg
これでゴリゴリされるのかと思うと、ドキドキ・・・。

48903.jpg
バリの人にとっては、成人式みたいな大事な儀式。道具もとってもステキですね。

48904.jpg
これは、削っている最中に口に入れるものいろいろ。

48905.jpg
ココナッツもマントラを書き込んで。

48906.jpg
今日のポトン・ギギはかわいらしい三姉妹のための儀式。ここからは3人の写真を混ぜて掲載します。まず台にのったら祈りを捧げ、ルビーの指輪を体のあちこちに付けられます。

48907.jpg
「なんで石だけじゃなくて指輪なの?」と聞いたら、「持ちやすいからじゃない?」という答え・・・。そうなのかな???

48908.jpg
これから歯を削ります!

48909.jpg
削っている間は痛いというよりもむず痒いと友人が言っていたけど、大人しくされるがまま。

48910.jpg
3度削りますが、合間合間に起き上がってココナッツやチェンダナ水で口をゆすぎ、削り具合をチェック。そりゃあ気になりますよね。

48911.jpg
ほっとするおばちゃんの笑顔。

48912.jpg
そして第二ラウンド。

48913.jpg
まわりにはぐるっと家族が取り囲んでいます。

48914.jpg
削り終えたら、ウコンなどを塗りつけ、シリの葉っぱを噛み、終了。

48915.jpg
歯を削る儀式が終わったらプンデタいらっしゃって儀式を行い、ポトン・ギギの儀式はおしまいです。

悪霊の象徴と言われる犬歯を削って初めて完全な人間になると言われているバリでは、ポトン・ギギはとても大切な通過儀礼「ウパチャラ・マヌシア・ヤドニャ」なのです。生前に経済的な問題などからポトン・ギギができないと、葬儀の前に死体にポトン・ギギを行います。また、ポトン・ギギの儀式の最中はマジックにかかりやすいと言われ、バンリなどでは一目につかない早朝に行われたりします。

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)