FC2ブログ

プロフィール

バリ子

Author:バリ子

トラベル・ライター&撮影コーディネーター。バリ島を中心に、シンガポールやマレーシア、台湾などで活動しています。

修行中のカメラ片手に、伝統行事や昔ながらの美しい自然の残る村々を訪れたり、現地の人々と触れ合ったりと、あちこち飛び回っています。

ハーブや薬草にも興味あり。特にインドネシアの民間療法を少しずつお勉強している今日この頃です。

マナド 2005 ~ブナケン島編~


マナド2日目。
到着早々ひやっとしたけど、宿も決まっておいしいごはんを食べて、1晩寝て起きたらもう昨日の出来事はなかったこと(笑)ブナケン島に行く前にまずは腹ごしらえから。

09501.jpg
期待していなかったけど、ビュッフェ・スタイルでなかなかおいし~!

09502.jpg
食後は朝のお散歩。まずはホテルの桟橋へ。

09503.jpg
ここからサンティカのダイビング・ショップの船がブナケン島へ。

実は、ブナケン島へどうやって行くかもハッキリ決めていなかったのですが、この際だから、港へ行って、ローカル船で行こう!とチェックアウトを済ませてマナド港へ。

09504.jpg
港はこんな感じでローカル色プンプン!

09505.jpg
ローカルの人がチャーターした船に乗せてもらえることに。これはラッキー!

09506.jpg
ボートで約50分、ブナケン島に到着~!

09507.jpg
ついに夢に見たブナケン島でシュノーケリング!

09508.jpg
水中はサンゴや魚がビックリするくらいいて、お花畑みたいに華やか!

09509.jpg
進みながら感動の連続。とにかくキレイ!

ボートから荷物を下ろし、ブナケン島で1泊する宿をいろいろと探してみたのですが、なかなか気に入るところがなく、友人と相談した結果、結局またサンティカに戻ることに。そんなワケで帰りもまた同じメンバーで港へ。

09510.jpg
このファミリーとはとっても仲良くしてもらい、和気あいあいとしたムード。

また荷物を持ってサンティカに戻ると、ホテルのスタッフはビックリしてたけど、今度はデラックス・ツインに泊まり、ブナケン島の感動を何度も何度も話しました。最初は乗り気じゃなかった友人も、この頃には「来てよかった~!」と。(ニヤリ)

もう1回ブナケン島に行きたいところだけど、せっかくだから、マナド周辺も観光しよう!ということになり、翌日はマナド近郊ツアーへ。

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)